神葬祭

神葬祭(しんそうさい)

こちらでは神社神道式での葬儀についてご案内いたします。

もし身内でご不幸があったら

納棺前に済ませなくてはならないこと

  • 1.身内に不幸があった旨を神棚に報告し、神棚の扉を閉じ、前面に白い紙を貼る。(五十日祭終了まで)
  • 2.祖霊舎に亡くなった旨を報告する。
  • 3.近親者を呼び組内に連絡する。
  • 4.葬儀の日時、場所を決め葬儀社と協議する。
  • 5.地元神社に報告し、葬儀依頼をする。
  • 6.死亡届、火葬認可等諸手続きをする。
  • 7.故人の略歴を年月日順に作成する。(神職、葬儀社と相談して作成)
  • 8.参列者の概数。(玉串の本数を確定する)
  • 9.通夜祭と告別式の日時、場所を決やて、各所に連絡する。
itainomuki kaminotobira
遺体を整え北枕に安置する。
枕下、または胸元に置く刀には、魔除けの意
味に加えて、医療用具でもある刃物のカで、
遺体が傷むのを防ぐ意味があります。
神棚の扉を閉じ、全面に白い紙を貼り、お供
えや参拝はしばらく遠慮します。
また、五十日が過ぎれば新年の新しいお札を
お受けになって下さい。

神葬祭 全体の流れ

神道は地域ごとの生活を基盤とするため、ひとくちに神葬祭といっても当然のことながら地域差がうかがわれ、火葬祭を済ませてから葬場祭を行うところもあります。

20160901002

  
帰幽報告故人が亡くなった旨を氏神さま、神棚に奉告し、神棚の正面に白い紙を貼ります。
枕直しの儀遺体を整えて遺体を安置する部屋に移す儀。
納棺の儀遺体を棺に納める儀。
通夜祭葬場祭の前夜に行い、生前同様に故人に奉仕する儀。
葬場祭故人と最後の別れを行う儀。告別式。
火葬祭遺体を火葬に附する儀。
埋葬祭遺骨を墓所に納める儀。
帰家祭葬儀が終了した由を霊前に奉告する儀。
毎十日祭朝夕の日焼を10日毎鄭重に行うお祭り。
二十日祭20日目に行うお祭り。
五十日祭50日目に行うお祭り。
百日祭100日目に行うお祭り。
年祭1年、3年、5年、10年、以下10年ごとをこ行うお祭り。
まつりあげ亡くなってから50年目に行います。

(みおや)先祖のまつり

こちらでは神社神道式での御霊祭についてご案内いたします。

日々のおまつり

御霊舎について

●仏式の仏壇にあたるもので、祖先の霊が鎮(しず)まる霊璽(れいじ・仏式では位牌)を納めるところです。
●今日の住宅事情を考えますと、神棚と御霊舎をどのようにおまつりしたらよいのか判らないという声がよく聞かれます。一般には、清らかで明るく、静かで高いところに、南向き、あるいは東向きにおまつりするのがよいと言われ、基本的には家族の者が常に生活する居間など、最も親しみやすい所が良いでしょう。私たちをいつも見守って下さっている神さまやご祖先と共に暮らし、親しみを込めておまつりすることが家庭のまつりの原点だからです。ですから、家族がいつも集まって会話をしたり食事をするような、家庭生活の中心となる部屋の適当な場所に、丁重におまつりすればよいのです。

お供えの仕方

 

osonae お供えの仕方
御霊舎 御霊舎
3p3set 3p1set
御霊舎
3p5set

 

玉串拝礼の仕方

 

tamagushi1 tamagushi2 tamagushi3 tamagushi4 tamagushi5
玉串の根もとを右手で上から持ち
左手で枝の葉を支えるよう胸高に持ちます。
祭段の前に進み玉串を
持ったまま一礼します。
玉串の根元が前を向くように時計回りに回し
玉串案(玉串を乗せる台)にお供えします。
二礼二拍手一礼にてお参りします。
(葬儀等はしのび手で)